(*゚∀゚)ザッカン!

ブーン系小説、雑記、感想ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(*#゚∀゚)音楽

雑記



抗護さんの新作。始まりましたね。
一話からかなり面白そうな雰囲気で、次の更新が楽しみです。



もう、色んな方が話されてることですが
ブーン系を書いているときに音楽を聞くか聞かないか。という話題について、少し。

私は聞きます。一人猛烈に好きなアーティストがいまして
まぁ、そのアーティストをここで明かすのもどうかと思いますので伏せますが、
とにかくそのアーティストの曲ばかりを聞いてひたすら書いてます。
表現に詰まったときに歌詞そのまま引用したりしてます。(そんな良いことじゃない気もしますけど)

ただ、場面、状況に応じて曲を変えるってのはあります。
バトルシーンに暗い曲聞いてると調子が出なかったり、まぁ、そういう感じで。

アルファさんなんかはクラシックを聞くとか、聞かないとか。
本当に集中しているときは、その音楽が全く聞こえていない、って聞いたことがあります。確か。

このまま終わるのも短い気がするので、もう一つ。

いつも悩むんですが
(*゚∀゚)が怒ったり焦ったりする時って

(*#゚∀゚)
(#*゚∀゚)
(#゚∀゚)

と三通りありますよね。
これ迷ってしまうんです。とても。
普通に考えれば、つーの「*」は、こう、頬が赤められてる感じというか。私はそう認識しているんですが。

だから(#゚∀゚)かな、とも思うんですけど、ブーン系には(AAには)
  _
( ゚∀゚)o彡゜ ジョルジュ
( ゚∀゚) アヒャ

だとかがいて

 _
(#゚∀゚)
(#゚∀゚)
(#゚∀゚)

もうどれがどれだか分からなくなってしまう気がしまして………。
おそらく意見が分かれるところなのかなーなんて思っています。

まぁ、実際のこと言うとアヒャなんて見たことありませんし、ジュルジュとつーを一緒に出さなければ良い話なんですが………。
キャラがどうしても足りなくて、アヒャをもし使う時が来るかもしれないなー。とか
そんなことを思うと、(*゚∀゚)の怒り顔は(*#゚∀゚)になってしまうわけです。
結局人それぞれなんですけどね。


はい



[(*#゚∀゚)音楽]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/09/02(火) 23:37:01|
  2. 雑記
  3. | コメント:2

('A`)同窓会の明くる日はカオスなようです

昨日俺達は中学の同窓会で、十年来の友達と深夜まで飲み明かした。

そのまま全員酔い潰れてしまったのだろう。
朝起きると、俺達はまだ昨日と同じ宴会会場にいた。

しかし、そこは完全に違う場所となっていた。


('A`)同窓会の明くる日はカオスなようです


('A`)「もう朝か、昨日はさすがに飲みすぎたな」

('A`)「む…………」

('A`)「え………?」

(゚A゚)

(´<_` )「ん……どうしたドクオ、美少女に巻き付かれていたりでもしたか」

(゚A゚) アアアアアアアアアアアア

(´<_` )「落ち着けドクオ、素数を数えろ。
それか朝起きたら美少女50人に囲まれている状況を想像しろ」

(゚A゚)

('A゚)

('A`)「そうだな、すまない、取り乱した」

(´<_` )「で、何があったんだ?」

('A`)「お前は…そうか……兄者……か。
お前は今、何の仕事に就いている?」

(´<_` )「? どうしたんだ? 俺は自宅で盗撮した画像を毎日閲覧する仕事に就いているが」

('A`)「その仕事はスーツを着てするのか?」

(´<_` )「え?あれ本当だ。俺なんでスーツ着てるんだ?」

ノパ⊿゚)「どうしたモナ? なにかあったモナ?」

('A`)(´<_` )「…………」

ノパ⊿゚)「あれ、モナの声高くなってるモナ」

(*‘ω‘ *)「どういうことだ…これは……」 
 _、_
( ,_ノ` )「ちんぽっぽ ちんぽっぽ」

川 ゚ -゚)ウツダシノウ

('A`)「なんということだ………」


   ※


('A`)「状況を整理しようか」
 _、_
( ,_ノ` )「ちんぽっぽ!」

(*’ω’*)y━・~「あぁ…何が起こったんだ……」

('A`)「理由は不明だが、私達の体が入れ代わってしまったみたいだな。
ちなみに私は素直クールだ」

(*゚ー゚)「おっぱいおっぱい!よっしゃー!」

/#,' 3 「てめぇ……しぃの胸に触ったら殺すぞ……」
  _
(;゚∀゚)「ギコくん落ち着いて!」

('A`)「とにかくこのままだと色々まずい。一刻も早く戻らなくてはならない」

ミ,,゚Д゚彡「クーさん?」

('A`)「ん?」

ミ,,^Д^彡「ふふっ、呼んでみただけ」

(#'A`)「…………」

(,,゚Д゚)ゲプ

( ´_ゝ`)「もうやだ死にたい、なんでよりによって兄者に………」

(´<_` )「そう気を落とすな弟者、俺、素でへこむから」

( ´∀`)「モナー太りすぎだぞおおぉぉっ!!」

ノパ⊿゚)「ごめんモナ………」

( ´∀`)「でも歩くと脂肪が揺れて面白いぞおぉぉ!」

ノパ⊿゚)「そ、そうモナか…」

('A`)「昨日何か変わったことは無かったか?」

川 ゚ -゚)(クーいい匂いする……)

( ´_ゝ`)「昨日は全員同じ酒を飲んだな」

(´<_` )「おぉ!いきなりそれに目をつけるとは!流石だな俺!」

( ´_ゝ`)「死にたい……」

('A`)「同じ酒か」

川 ゚ -゚)(俺はクーのままでいいや……)

<ヽ`∀´>「It is that purple sake. I thought it was certainly doubtful
(あの紫色のお酒ですね。たしかに怪しいと思いました)」

( <●><●>)「あれれ~。昨日のお酒は店長さんがサービスだって言ってたよ~」

从'ー'从「ここの店長が酒を出すときに、ニヤついていたのはワカッテマス」
 _、_
( ,_ノ` )「ちんぽっぽ!」

/#,' 3「てめぇ!今触っただろ!殺す!絶対殺す!」
  _
(;゚∀゚)「ギコくん!一応私なんだからね!」

(*゚ー゚)「おっぱい!おっぱい!ヒャッホー!」

('A`)「店長が犯人の線が一番濃いな。
店長のところへ行くぞ」

/#,' 3「うらぁ!」

(#)3゚),,:; メメタァ
  _
(# ゚∀゚)「ちょ、なにしてんのよ!」

/ 、゙ 3 ;':,, オブッ!

( ´∀`)「痛そうだぞおぉぉっ!!」

ノパ⊿゚)「お腹空いたモナ」

ハハ ロ -ロ)ハ「店長をこらしめるニダ!」







('A`)「ここか、開けるぞ」

川 ゚ -゚)(女同士で銭湯とか行かないのかな)

(   )「バレちゃったか」

(´<_` )「ははは。俺を侮っていたようだな!」

( ´_ゝ`)「兄者、いい加減にしろ」

ノパ⊿゚)「ご飯あるモナ?」

<ヽ`∀´> 「You cannot run away any longer !
(もう逃げられないわよ!)」
 _、_
( ,_ノ` )「ぽっぼ! ぽっぽ! ちんぽ!」

(*’ω’*)「誰かこいつを止めてくれ………」

/;,' 3「しぃ本当にすまん」
  _
(# ゚∀゚)「ふん!」

(*゚ー゚)「ざまぁwww」

ミ,,゚Д゚彡「フサギコさん?」

|(●),  、(●)、|「はい?」

ミ,,^Д^彡「ふふっ、呼んでみメメタァ」

( ´∀`)「脂肪が、脂肪が揺れるぞぉ!!」

ハハ ロ -ロ)ハ「韓国に帰るニダ! 戻すニダ!」

(   )「フフフ」

(´・ω・`)「久しぶりだね皆」

(´<_`;)「あ…あなたはっ!」

( ´_ゝ`)「先生!」

('A`)「どうしてここに!?」

(´・ω・`)「仕事が早く片付いてね、どうにか来れたんだ」

( ´_ゝ`)「そうだったんですか」

(,,゚Д゚)ゲプ

(*゚ー゚)「んん? じゃあ結局酒の話はどうなったんだ?」

( <●><●>)「よくわからないよ~」

(´・ω・`)「ああ、アレね。びっくりした? サプライズで持ってきたんだ」

('A`)「はぁ」

(´・ω・`)「いやぁ、実は今やっている仕事で、そういうのを研究していてね」
 _、_
( ,_ノ` )「ぽ?」

( ´_ゝ`)「………」

(´・ω・`)「薬の名前は『ショボンボンボンレクイエム』っていうんだけどね
まだ不安要素が多いから皆にサプライズを兼ねて使ってみたんだ」

|(●),  、(●)、|「不安要素が多いのに?」
  _
(; ゚∀゚)「待って………それって………」

( ´_ゝ`)「まさか………」

(´゚ω゚`)「貴様らで実験したってことさ!フヘヒホホヘヒハハハハーヒヒヒフヘヒホホホ」

川 ゚ -゚)(ちょって寝転がってみよ………)

('A`)「貴様、そんなことを言って、ただで帰れると思うなよ!」

(´゚ω゚`)「お前達にオレサマが倒せるのか?
カノッサ機関大幹部のオレサマを倒すだと!?」

(´゚ω゚`)「ならば来い! このオレの! 全てを見せてやる!」







[#)ωメ@`≧)「いや、あの、少し浮かれてたというか…あ……はい……はい………
………は、え? あ、はい。乗ってました、調子乗ってました」

[#)ωメ@`≧)「別に利用したっていうか、そんなんじゃなくて
あくまでもサプライズとして………はい……はい、そうです」

[#)ωメ@`≧)「………いやあの、パンツ脱いだとか脱がないとか、そういう問題じゃなくてですね
ただ全てを見せるには、はい、そうです、必要。はい、ごめんなさい。粕チンです。はい」

[#)ωメ@`≧)「見て貰いたいとかはないです。はい。本当に、いや変態じゃないです
ただぶたれるのが、ちょっと好きなだけで………はい。妻には言わないで下さい」

[#)ωメ@`≧)「入れ代わっている時間?………あー時間ですか、はぁ、時間。う~ん」

[#)ωメ@`≧)「いえいえいえ! 戻らないなんてことないですよ。
はい、もちろんですよ、今いい感じで回復に向かっていってます。
ただ、ただね、一つだけ言わせて下さい」

[#)ωメ@`≧)「『終わりがないのが終わり。それが「ショボンボンボンボンレクイエム」』」





..,,.;:,,::.,;:,:゙;;:)


川 ゚ -゚)「じゃ、帰るか」



おわり
  1. 2008/09/11(木) 00:19:08|
  2. 短編
  3. | コメント:5
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。