(*゚∀゚)ザッカン!

ブーン系小説、雑記、感想ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

時が加速している……


すみません、こんなに更新せずに
凄まじいスピードで時が流れてる気がするのですが、どういうことなのでしょうか、ごめんなさい。

40×30が20ページ書けたので、どうやら明日には投下出来そうです。
もっと素早く文章が書きたい、一時間に5ページくらいの速度で……。
私は集中力があまりないので、何かをしながらでないと、書くことが出来ない体質で……(なんでも体質だと決めつけるのはおかしいと思いますが)。
チーズかマシュマロかを頬張りつつ、椎名林檎かキンクリか、最近は個人的にイエスブームなのでイエス聞いていますが
とにかく○○しながらPCをカタカタと。

自分の書きたいシーンになれば、そっちにガーッと没頭するのですが、それ以外は……本当に……本当に遅いです。精進します。


ざっき


ライトノベルという奴を皆さんは知ってますか?
知ってますよね、すみません。馬鹿にしてません、軽いジョークです。

というのも、つい最近まで私は、ライトノベルという奴を全く読んだことがなかったのです。
近くの本屋には、ティーン向け小説、とかいう括りで同じ本棚にずらりと列んでいましたが
なにか近寄りがたい雰囲気を醸し出していたのです。
少女コミックの背表紙がピンクやら白やらのファァンシィーなメェルヘェーンな感じで、漫画屋のそれのコーナーに近寄れないのと一緒で、不思議な威圧感に目を伏せるばかりでした。

もともと私は臆病者なので、ホラー映画のパッケージさえ見るのも嫌ですし、ブーン系のホラー合作も見ていません。
グロテスクなのは堪えられるんですが、幽霊やらゾンビが駄目なんです。
だからSAWは見れても、バイオハザードは無理です、ゾンビ出て来て。
(うわっ、やっぱりゾンビ出てくるのか!)と、ソッコー消しました。
バンジョーとカズーイも、あの怖いところから進んでいません。

厳密に言えば、その見たり読んだり聞いている時は全然へっちゃらです。肝試しもガンガン行きます(友人と二人で)
でも、夜に風呂入って目をつむるともう駄目です。

顔をあげたら髪の長い女性が・風呂場が廃墟に・鏡に知らない人が・シャワーから無数の虫が・ゾンビが浴槽から・カミソリがひとりでに・シャンプーの容器から血が・ブラシが毛の生えた人間の腕に・地面が蛇だらけに
妄想は尽きません。


話は逸れましたが、そんなわけでライトノベルを読んだことがなかったのですが
友人が朝日新聞ばりに勧めてきたので、借りたのです。
ちょっと名前は覚えてないんですが、バカ鉄だかそんな感じの奴を読んでみました
読みやすくてまあまあ面白かったです、というか、とても勉強になりました。
キャラの作り方が私はあまり得意じゃないので、そうかそうかと頷くことばかりで。

ちょっと興味が湧いたので、書店に行き、タイトルが面白そうな『狼と香辛料』『宮永さんちのガーゴイル』『狂乱家族日記壱さつめ』という奴を買ってきました。


まあ、そんなわけです。
これでキャラクターの魅力を磨けたらいいな、と思います。

それでは、おやすみなさい
多分明日投下します、おやすみなさい
  1. 2009/07/20(月) 01:14:59|
  2. 雑記
  3. | コメント:5
<<btcmと三国志と | ホーム | PCが>>

コメント

>芸さん

バカテスでした、何を聞き間違えてバカ鉄と理解したのか、お恥ずかしい。
全部アニメ化されているんですか、それは偶然にも良い買い物をしたというか……ガーゴイルに若本ですか、確かに妥当な感じはしまねす


>群青海月さん

いえいえいえこちらの説明不足です、でもこうやって質問して頂けると、なんだかとっても嬉しいです。ありがとうございます。
狼と香辛料は一番好みでした、ガーゴイルも面白かったですけど。
ライトノベルって二巻三巻と続くんですね、狼とryだけ買ってみます
  1. 2009/07/28(火) 00:18:41 |
  2. URL |
  3. もとい #-
  4. [ 編集]

返信ありがとうございます。
根本に相手を気づかい想う精神があったからこそ、間違いを正そうとしたって感じでしょうか・・・。
素直に次の話を待っていれば良かった・・・次回も楽しみに待ってます。

あと私もライトノベルはここ最近まで読んだ事無かったんですが、狼と香辛料は読むようになりました。
2人の主人公の旅の描写、掛け合いが魅力的な作品だと思います。
退屈に感じるかも知れませんが、三巻は引き込まれる内容で、おすすめです。
ネタバレになったらあれなのであまり触れられませんが、是非読んでみてください。
  1. 2009/07/22(水) 00:24:11 |
  2. URL |
  3. 群青海月 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

バカ鉄……もしやそれはバカとテストと召喚獣、すなわちバカテスではないでしょうか?
僕も1巻だけ読んだ事あります
キャラクターのつくり、個性のつけ方が上手いなぁと思いましたね

お買い上げになった三作品はどれもアニメ化してましたよねたしか……それだけ面白い作品ってことなんでしょうかね
ガーゴイルはちらっとアニメ見たけど、ガーゴイルの声が若本だったような……?
  1. 2009/07/21(火) 19:18:33 |
  2. URL |
  3. 芸 #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます

ドクオは今まで、自分自身のために、『他人の願いを否定する』という願いを持って戦っていると、彼自身思っていたのですが
それ自体が、シャキンの見た優しい強い正義を持ったドクオの『仲間を助けたい』という意志の現れだったのです
そのため『願いを否定する』というのは、ゲームが始まった時点での彼の『仲間を助ける』という願いの一つの形でしかなく
今、スケールの大きな戦いになっている武器持ちゲームにおいて、彼は、新たな『仲間を助ける』という願いの形を探しています。
だから40話までのドクオでは、それは定まっていません。ですが、このゲームの真相などと照らし合わせたら、何が仲間を救う道なのか、多分分かるかなーと思います

かなり説明不足でした、こんな感じですが、どうでしょうか
  1. 2009/07/21(火) 08:10:43 |
  2. URL |
  3. もとい #-
  4. [ 編集]

投下乙でした。

今回ドクオは「仲間のために戦う」という理由を
見出だしてたと思うんですが、元々あった
「相手の願いを否定し、自分の正義を証明するため戦う」
という戦う理由はどうにか変化があったんでしょうか?
クー達にも願いはあると思うんですが、その成就に関して
ドクオのスタンスはどうなるんでしょうか。

なんか私根本的に勘違いしてる気がしてきましたが、よろしくお願いします。
  1. 2009/07/21(火) 00:51:10 |
  2. URL |
  3. 群青海月 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。